上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.23 学校公開日
 今日は、某H中学校の学校公開週間を見に行ってきました!
 ずっと見て見たいな~と思っていて、なかなか行く機会がなかったのですが、やっと見ることが出来ました。

 ちょうどテスト中ということもあったのでしょうが、全体的に落ち着き、まとまっていました。
 中学にもなると、さすが!ですね。

 このお子さん達の何割かは、特別支援学校の高等部に入学したりするのですよね~。

 今回お邪魔して感じた正直なところ。

 ここで学んでいるお子さん達と、小学校1年生から特別支援学校で学んでいるお子さん達が、高等部では同じクラスになる、ということは、お互いにかなりの負担になるのではないでしょうか?
 お互いに、精神的なダメージを受けそうです。

 今日一緒に見て下さったお母さんがおっしゃっていました。
「私たちは特別支援学校に見学に行く。でも特別支援学校の親御さんは発達級を見ることは無いので、現状を知る機会が無い。こういう子たちもいることも知って欲しい」と。
 確かにその通りです。
 
 私は親の立場では無いので、上の言葉を支援者の立場に置き換えて考えてみるのですが、
 特別支援学校の現場の先生方(特に中学部、高等部)は、発達級でのお子さんの姿をご覧になったことが、どのくらいおありになるのかな?と。

 今目の前にいる高等部のお子さんが、非常に落ち着いた中学発達級での生活をしてきた子達なのだということを、知っていないといけないな~と思いました。

 先を見据えて今の支援を考えることは、とても重要ですが、それまで生きてきた歴史を踏まえることも、同じだけ重要だと思います。
 それが、その子(その人)を人として尊重することに繋がるのだと思います。

 うなぎ犬
うなぎ犬。なんだか、他のダックスに比べても胴が長いような気がします。
 
Secret

TrackBackURL
→http://noripy.blog70.fc2.com/tb.php/624-72a09e6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。