上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旦那様作豪華今朝の朝ごはん

 今日はですね~、1日研修、というか、相談支援従事者初任者研修だったのですがね。
 これが…なんというか…非っ常にストレスのたまる1日でした。
 何が?というと
 いやね、お話の内容は良いのですよ。別に。
 午前中の、行政の方の話は、テキストまるまるで、「読めばわかるじゃん」とか、あまりにも端折りすぎた説明で、「むしろ読んだ方がわかるかも」とか思いましたが、まあいいのです。
 午後の実際に仕事としてなさっている方のお話しは、どちら興味深くて、面白かったですし。

 じゃなくて、受講するにあたっての環境ですよあなた!

 「できるだけたくさんの方に受講してもらいたくて」って、それはわかる。よくわかるが、なら、多いなら多いで、ちゃんとそれなりの準備をしないと…!!

 とにかくですね、400名弱の人が、朝の9時過ぎから16時半まで1日中、その場に座っているわけですよ。
 勉強しにきているんですよ。
 なのに!!
 まず、机が無い…しかもテキストが400ページ弱と厚い…加えて、パワーポイントなどの追加資料などは一切無い…。
 メモできないじゃないかああ~~~~!!!>
 しかもしかも、人数のせいか、空調が…。寒がりでエアコン嫌いの私が「暑い…」と思うのはよっぽどですよ。
 しかもしかもしかも、狭いっ!!隣の方と座っているだけなのに身体がぶつかる距離です。6時間、身動きが取れないわけですよ。

 もう拷問のようでしたね~。

 何に怒っているかというと、つまり、学ぶような環境じゃなかったということです。学生の授業だって、これよりも、よっぽどましな環境で勉強していますよ。
 今日の研修は、自立支援法の関係で、相談支援従事者になるための研修なのです。
 「形だけこなせばいいや」と思っているのではなく、心ある職員は、学びに来ているわけですよ。
 なのにこの仕打ち…。
 つまりつまり、静○県(こ、これは伏字の意味があるのか!?)は、この相談支援従事者の研修、まあそんなに真面目に学ばせなくていいや、と思っていると、そう捉えられても仕方が無いのではないか!?と、そこに怒っているわけだったりするのです。

 いくら、お金の無い貧乏な福祉相手だとはいえ、ちょっとあんまりじゃない?

 そんな、怒りの1日。

 研修で、自閉症のお子さんには学習の際の環境調整が大事ですよ、と、お話しさせていただいているのですが、自閉のお子さんに限らず、学ぶためには、学ぶことに集中できるような環境が絶対必要!と、身をもって感じた1日でしたよ。
 人との距離が近い。これ、かなりのストレスでした。
 余計なことが気になって、集中できないのですよね~。
 前の方は、午後中ず~~~~っと寝ていました。とてもよいお話しだったのに…。あれを聞かずして相談支援をするのかと思うと、怒りが湧きました。
 お隣の方は、爪噛みをかなりしていて…。チラッとみたら、見事に爪が無い(笑)。しかも取れた爪、食べている(爆)!
 またメモとろうと動くたびにお隣にぶつかってしまうので、気を使って思うように書けない、集中できない。

 そんな時間が長くなれば長くなるほど、「あ、独りになりたい…」と思ってしまいます。
 
 人よりも一人の時間がたくさん必要な私ですが、それでもまあ人並みには人とお付き合いして生きているわけで、それでもしんどい、となると、自閉のお子さんは、日頃さぞやしんどいのでは…と思います。

 人と付き合いたい意欲を持つためには、一定距離、一定時間離れている必要、あるのですよね。

 ま~、そんな疑似体験の収穫があったので、良しとしましょうか。

 帰宅後今週のスライド完成~。今から来週の原稿作りです。

 明日は、久しぶりに園訪問にうかがいます!楽しみです。
 
Secret

TrackBackURL
→http://noripy.blog70.fc2.com/tb.php/378-6c7ffaf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。