上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 梅は満開だし、花粉も飛んでいる。でも、それよりも何よりもわかりやすいのは、子ども達かもしれません。
 皆さん、「春」ですよ~~。

 今週あたりから「おや?」とは思っていましたが、今日は1日中療育だったので、よりはっきりわかりました。
 なんとなく、ふわりふわりと、地に足が着いていない子ども達になってきました。
 春ですよ~~~~~。今からだとすると、今年の春は長そうですよ~~~
 そんなわけで、こうくんママさん、こうくんだけじゃありませんから、大丈夫ですよ(って、慰めになりませんね)。
 な~んとなく落ち着かず、ふわふわとしている子ども達、花粉やほこりにアレルギー反応を起こしている子ども達。ああ、春だなぁと実感しました。

ところで、このおもちゃ、○×プレート。別名「ピンポンブー棒」
結構喜ぶ子が多いので、時々使うのですが、難点が一つ。
 これ、裏表に○×があって、下のスイッチを押すと「ピンポーン」「ブー」と鳴ります。
 それがですね、写真をよ~く見ていただくとわかるのですが、×の下を押すと「ピンポーン」と鳴り、○の下を押すと「ブー」と言います。
 おわかりでしょうか??つまり、これは相手に向けて、見せて鳴らすものなのですよね。
 ところが。これがなかなか難しいのです!

 「相手の人が、何が見えていて何が見えていないのかを、知っている」
 「相手が、何を知っていて何を知らないのかを、知っている」
 これを、「社会的感覚」=第六感(シックスセンス)という場合もあります。五感(視聴臭味触)のように、人間は誰に教わったわけでもなく、いわば本能のように、わかるのが一般的。
 私達は、なんとなく、相手の人が何を知っていて知らないのか、がわかるわけです。
 でも、これがとっても苦手な方々がいらっしゃいます。
 自閉の方は、とても苦手です。自分が知っていることは、相手も知っているだろう、自分が見えているように相手も見ているのだろう、と思ってしまうわけです。そのために、思いがけない社会生活上の困難さが出てきたりします。
 「相手の立場になって物事を考えられない」という言葉を使ってしまうと、なんだかとっても「冷たい、ワガママな、自分勝手な人間」のように聞こえてしまいますが、そういう人格の問題とかではなく、この第六感が上手に働かないから、人とのお付き合いの際の見極めを間違えてしまって、結果的に、相手の人に失礼なことをしてしまう、というわけなのです。

 と、ちょっと真面目なお話でした。
 あんまり工事の話ばっかりだったり、カブを植えたりしていると、「この人、バカ?」とか思われてしまうので、たまには。

 話は戻りますが、そんなわけで、この○×プレートの正しい理解は、とっても難しいのでした…。
 ああもういっそのこと、○と×を反対につけちゃおうかな~…。


Secret

TrackBackURL
→http://noripy.blog70.fc2.com/tb.php/238-066ed7ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。