上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は年に1回、某大学での講師でした。
 2コマだけです。テーマは「権利擁護と成年後見制度」です。
 成年後見制度は、来週担当の詳しくやるので、私は主に人権について、特に障害児の人権を守ることについてが与えられたテーマでした。
 今年はP&Aプロジェクトの疑似体験のほかに、実際のケースを題材に、情報収集と「自分だったら何をどうするのか。それは誰のために、何の権利を守ることになるのか?」をグループで考えてもらうワークをしました。
 
 とても素晴らしい発表でした。
 とても感動しました。
 勿論、まだ現場に出た経験の無い学生さんですから、現実の厳しさを知らないから、と言われてしまうかもしれません。実際には出来ないぞと。
 運転免許で言うと自動車学校内の運転は実際は通用しない、いった部分はあるのかもしれません。
でも!
だからこそ!
理想をしっかりと中心に据えたうえでの支援の方向、方法、心がけのアイディアは鮮烈で、素晴らしいものがありました。

この子たちが近いうちに現場に出て頑張ってくれるかと思うと、気持ちが明るくなります。
是非、現場に出ても、今のその気持ちを忘れることなく、育っていってくれたらと思います。

授業、楽しいなあ~~。
IMG_2099.jpg
ノースカロライナ、シャーロット(←TEACCHセンターのあるところね)犬(笑)

ところで、ドラマ「聖者の行進」…授業で話したら誰も知らなかった…。
帰宅後調べたら1998年。
え、13年前っ!?
学生たち9歳、10歳!?
知らなくて当然だあ~(あれは子どもにはちょっと見せられないでしょう)…
年齢を実感しショッーーク…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。