上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨夜!
 わんこの散歩をしていたら、流れ星を見ました。
 少し赤く、真横に長く流れました。
 ちゃんと願い事をしましたよ~。

 しばらくさぼっていたら、書くことがたくさんたまってしまいました。

 まずは金曜日、藤○で呼んでいただき、午前中は発達が気になるお子さんの親御さんにお話をさせていただき、午後は幼稚園保育園の先生方にお話をさせていただきました。
 皆さん本当に熱心で、長い私の話を、とても一生懸命聞いてくださり、その熱心さに頭が下がりました。
 心配していたプロげジェクターとの接続も出来て、ほっ…。
 しかし、あれですよ、私はどうもあれもこれも…と言いたいことがたくさんあって、それをまとめることができないようですよ。
 午前中の1時間半に127枚、午後の2時間に168枚…ありえん…。

 土曜日は、1日仕事をお休みさせていただき、研修に行きました。
 服○智子先生の講演会でした。

 服○先生。

 私にとってはとても大きな存在の先生です。
 (もちろん服○先生は私のことなんて全くご存じないでしょうから、私が勝手に思っているだけですが)
 ふくふく開業したいと思ったきっかけは、服○先生の講義でしたので。
 何度目かの研修でお話を伺ったときに、「私たちの子ども」という言い方をしていたのですよね。
 この言葉を聞いた時のショックは結構大きかったです。
 だって、私にはそんなことをいう資格は無かったので。
 私たちの子ども。
 先生は親の会の仲間の立場で言っているのだとか、そういうことを考える前に、「羨ましい」と思いました。
 とてもとてもうらやましかったのです。
 いくら子どもや親御さんのことをずっと思っていても、たかだか数年お付き合いするだけの人は「私たちの」とは言えません。それがとても悔しかったのです。

 開業した今、じゃあ「私たちの…」と言えるかというと、う~ん、まだまだ言えないなあ~、ですがね。

 そんなわけでお話を伺いに行ってきましたが。
 しばらく前にソーシャルストーリーズの研修でお話を伺ったときに比べると、なんだかとてもリラックスした感じでお話ししてくださいました。
 以前と同じように、子どもたちやお母さん方の話をするときは、実にうれしそうに、幸せそうにお話していました。
 お話そのもの、ももちろんよかったですが、そんな先生の姿に、元気をもらってきました。
 会場には知っている方々ばかりが(笑)。
 久しぶりにお会いできたかたも多く、それもとても嬉しかったです。

 今日日曜日。
 今日は先週に引き続き、三○でのお仕事でした。
 今日も懐かしいお母さんEさんがお手伝いくださいました。
 写真を撮ってので、また後日アップしますね。

 7日朝
 3日目朝ごはん。これ、量はそんなに多い感じじゃ無いじゃないですか?
 しか~し!重みがあるのだ…。



 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。