上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.15 WOWWOWで
 ダ○エル・パウターのライブをやっています。実は私この人のは1曲しか知らないのですが…結構好きです、気持ちの良い音楽です。
 音楽といえば、ここ2年ほど、ほとんどFMを聴かない生活をしていたところ、すっかり音楽の流行に乗り遅れてしまい、か~な~り~辛いことになってしまいました。やっぱりその時々の曲は知っていないとね。そんなわけで、最近はまたFM復活です。ああ、このライブ、いいですね~!
 ライブと言えば、ライブハウス「窓枠」(←私が一応メンバーにさせていただいているバンドのリーダーがやっているライブハウスです。それこそ、よくFMでも名前を聞きますよね)にも行きたいのですが、週末が…なかなか…仕事があって行けません(泣)

 さて、お仕事の話です。
 今日は○北地区でのお仕事でしたが、昨日は自宅での仕事でした。
質問に答えるためのシート
 
 アンゲームの前段階として、簡単な質問に答える課題があります。始めはその日の給食や家にいる人などの事実を聞いていきます。
 次に、好きなものなど、正答の無いことを聞いていきます。これが実は密かに難しいのです。子ども達は、「正しい答え」を捜そうとしますから。いや、正解も不正解も無いのだ、自分の心を答えればいいのだ、とわかるのに、結構時間を使うことが多いです。
 それがわかるようになると、今度はいじわる、「嫌いな」とか「苦手な」とか、マイナスの気持ちを聞きます。これがまたハードルが高いっ!!ここは本当に考えさせられるところです。最初のうちは、これは質問の意味がわかっても答えたがらないのですよね。
 なんとなく、「マイナスの感情=悪いこと」と思っていることが多いのです。
 これはでも、気持ちはわかります。出来ないこと=わるいこと 小さい未熟な子どもでいること=悪いこと…などなど。大人の期待を感じ取っているからこそ、子ども達はそう思ってしまうのかもしれません…。
 でも、「いやだ」「やりたくない」「嫌いだ」「しんどい」と、「思う」ことは何も悪いことじゃないのだと、早く気づいて欲しいのです。
 多くの人はそう思うことが多々あるわけで、ただ、そう思っても頑張ってみたり、投げ出さなかったり、うまいこと人の迷惑にならない方法で解消したり、うまいこと逃げたりしているのだと、そう思えるようになると、とっても楽になるのですが…。

 写真は、「好きな…」シリーズの質問を、話し言葉よりも文字にした方が表現しやすいお子さん達のために作ったシートです。
 でも、このS君、絵で描いた!!(べつに、文字も書けるお子さんなんですよ)
 A6のせま~いスペースに、よくもまあチマチマと!(笑)
 好きな食べ物はカレーとお弁当だそうです。しかもお弁当は「♪これっくらいの、」と歌いながら、おにぎり、人参、さくらんぼ、しいたけ、ごぼう、れんこんに蕗まで描いていました!
 好きな本は、これまたま~ちまちまと…。上から、かちかち山、こぶとりじいさん、おむすびころりんです。おむすびころりんのおじいさんは、なんと頭巾までかぶっていますよ。
 好きなお店は、これはまあ、どのお子さんも同じですね~。スーパー、コンビニ、そしてS君は杏○堂というドラッグストアを描いていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。