上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC01204.jpg

世界遺産、白川郷です。風情がありました。

 今日は午前中、法務局に行ってきまして、登記をしてきました。
 11月28日、「特定非営利活動法人 地域生活応援団あくしす」(な、長いっ!)誕生ですよ~~! 
 Happy Birthday!です。
 事前に行政書士さんに見ていただいてありましたので、あっという間に終わってしまいました。
 お茶して、ランチして、お昼過ぎには帰ってきました。

 午後は、浜○地区の学校で、教育委員会主催の連絡協議会に参加させていただきました。来年入学のお子さんのための、ようはケア会議です。
 このような会議、実はとっても珍しいのですよ!!佐○の服○先生のところのように、当たり前のように移行会議、ケア会議がひらけている地域もあるのですが、本当に羨ましいです…。

 仕事をしていると、その視野でしか、物事が考えられなくなったり、一面的にしかお子さんを捕らえられなくなってしまったりするものです。それはある程度仕方の無いことです(勿論「私の見方偏っているかも」と、気づけることは必要ですが)。大事なのは、それぞれの持っている情報や工夫、見方などのカードを、お互い出し合い、分かり合い、共通の基盤に立って、一人のお子さんを、総合的、全人間的に理解し、支援していくことなのだと思います。
 1回2回では、なかなか理解しあえないかもしれませんが、何回も、またいろいろなお子さんについて、話し合いを積み上げることで、お互いより良い仕事が出来るのではないかと思います。
 
 親御さんも勿論同席しました。
 いつも思うのですが、私なんかが、長々と話をするよりもですね、やはり親御さんの言葉は、どんな話よりも胸に響きます。迫ってくるものがあります。
 技術は、そりゃ無いよりもあった方がいいのでしょうが、「願い」「思い」があってこその道具であって、そして「願い」や「思い」は、けっして支援者や教育者のものでは無く、当事者さんのそれでなければならない、私達は、その当事者さんの願いや思いを真摯に受け止め、そのために努力をしていかねばならない、と、強く思います。

 明日は少し自分の時間が取れそうです。何しようかな~とワクワクしていました…が、あ!夜!あくしすの会議じゃないかっ!
 (軽くショック…(え))
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。