上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.21 今日の仕事は
DSC00709.jpg

 教室での仕事の後に、レスパイトのお仕事がありました。レスパイトの仕事は本当に楽しいです(いや、教室の仕事も楽しいのですが)。
 今日は、お母様のご希望通り、ランチ&水遊び&電車でした。
 ランチは、コ○コルドへ。ランチバイキングです。C君とランチに行くのは3回目、かな?はじめは何をどうして良いのかわからなかったC君も、今ではちゃんと自分で欲しい、要らない、を教えてくれます。こういうことって、「慣れ」なのだなあ、と思います。
 自立には、自己選択、自己決定出来ることが、何より大事なのですが、小さい時期から、自分で考えて、自分で選ぶ、決める経験をすることが、とても大切なのだと思います。勿論、選択肢の一つ一つについて理解できていることが大前提です!!それぞれの選択肢がわかっていてこそ、選べるのですから。
 で、食べ物はその点、かなりわかりやすいので、丁度良い練習になりますね~。

 午後はビニールプールで水遊びを満喫し、その後電車に乗る練習をしました。
DSC00720.jpg

 時間が無かったので、本当に乗るだけでしたが、なかなか楽しそうでよかったです。
 それにしても、若い車掌さんの無愛想なこと!!笑顔で一生懸命、子どもが手を振っているんだからさあ、手くらい振ってくれたっていいのにさ…。
 あと今回感じたのは、子どもを連れているお母さんが一番冷たかった…(泣)。今まではそんなことなかったのですが…。ちょっとでも変な声を出したりすると、キッとした顔で見たり、さささっと遠ざかったり。やっぱり「我が子を守らなくては!!」という思いが強いからなのでしょうかねえ?物騒な世の中なので仕方が無いのでしょうか。寂しいです。
 というか、確かに理解しにくい行動をとっていたり、お話が上手く出来なかったりしていても、そういう子どもさんが身近に要れば、「あ、○○ちゃんみたい」とかって、分かってもらえると思うのですが。
 差別や偏見は、「知らない」ことからきています。もっともっと「あ、こういう子知ってる!」と思ってくれる人が増えてくれると嬉しいですが。
 そういえば、今日はH養護でのサマースクールですね。準備会でお会いしたたくさんのボランティアさん達、是非是非この夏の体験を覚えていてくれて(出来れば続けていてくれると嬉しいですが)、そして地域に帰ったときに、「あ、こういう子は知っているよ」と、ご自分の近くの方に伝えていただければ…と思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。