上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.01 可睡斎で~す
DSC00604.jpg

(A君と私。許可をまだいただいていないので、ぼかしてあります。私の顔がぼかしてあるのは、ぶ~だったからです)
 今日は1日レスパイトの日でした。午後はお寺巡り、午前中はボーリングデビューでした!
 音に敏感なお子さん、聴覚過敏のお子さんは割と多く、A君も人のざわざわしたところは苦手です。事前にことばや絵や写真で予定を伝えたところ、「ボーリング行く」と言ってくれたのでチャレンジしてみました。
 入ったボーリング場は、入り口に賑やかなゲームコーナーはあるし、夏休みのせいか、A君の苦手な騒がしい(い、いや、賑やかな)幼児さんがたくさんいるし、どうなることやら…と(私が)びびっていたのですが、意外にも大丈夫で、始終笑顔で2ゲームもできました。帰ってきてからも「ボーリング場行くね」「行ったね」と言っているので、まんざらでもなかったようです。ああ、よかった…。
 年齢が上がってくると、段々と行き場所が狭められてきます。長期休みや雨の続く週末などは特にどう時間を使ったらいいのか悩みます。勿論ドライブやTV鑑賞のような受身的な活動も、悪いものではありません。が、できれば、その年齢のお子さんがやるだろう経験は、どの子にもさせてあげたいなあという思いと、空いた時間(余暇)の有効活用の意味で、いろいろな活動をしてみて、生活の幅を広げられたらいいなあ~と思います。
 幅を広げるためには、周りの大人がまず幅広く知っている必要がある…ということで、今日の反省…。
 私、ボーリングって、生まれてこの方数えるほどしかやったことが無い…。なので、投げ方がよくわからんのです。教えようが無いんだな、これが。そんなわけでA君には「まあ好きに投げて、倒れればいいんだよ」程度の支援の仕方で、最後にはA君自分で投げ方を工夫していました。ああ、これがちゃんと教えられる人と来ていたら、もっと上手に投げられたかも。A君ごめんね~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。