上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.26 H名湖です
DSC00545.jpg
 
 今日はMケ日でのお仕事でした。片道1時間、H名湖を見ながらのドライブです。今日は凄く暑かったですね!!湖もなんだか霞んで見えました。
 学齢さんの相談が多かったのですが、嬉しかったのは、どの方も「良い先生なんです」とのこと。よく理解してくださり、支援してくださる先生方のようなのです。嬉しいですよね~~!相談を受けていて一番辛いのは、毎日の生活の場である園や学校でうまくいっていないこと、その中でも一番どうしていいのかわからないのは、子供同士のトラブルよりも先生に誤解されている場合です。「お母さんがもう少ししっかりしつけてくれれば」「性格なんですよね」「根性が…」などと仰る話を伺うと、辛くてたまりません。勿論一番辛いのは本人である子どもなのですが。
 特別支援教育、人的、経済的裏づけが無い現状の中、理念だけは素晴らしいもので、一体どうなってしまうのだろう…と危惧しているわけですが、今日のような嬉しいお話を聞くと、一応機能しているのかなあ~~とか思います。一部の頑張っている先生だけではなく、特別支援教育や支援されるべき子ども達のことを分かっている先生が、もっともっと増えてくださればと、思います。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。